Entries

日本画に初挑戦!

7月から3ヶ月の「絵画教室連続講座」に参加。
7月はデッサンと彩色。
8月に入って、いよいよ「日本画」とやらに挑戦したぽんた。
まずは先生と共に「画材買い出し」
京都市内に降りた、白川通りに面したところにある画材屋さんに行って来ました。
直ぐ近くに「京都造形大」が有るので、かなりな画材が取りそろえてあるお店でした。
日本画に何が必要かも解らないまま、先生のチョイスする物を購入。
お金がかかりそうな物は「僕の使ったらええから」とありがたいことをおっしゃる先生。
感謝感謝!(>ω<)/



「日本画制作日記」
第1日目。
2012080913230000.jpg
まずは「パネル」に「美濃和紙」を水張り。
水で溶いた糊を和紙にまんべんなく塗って貼り付けるという作業から「日本画」って始まるんですなぁ。

2012080913290000.jpg
まぁ〜こんなかんじ。
ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ ほとんど先生の作業結果。

パネルが乾く間に
「下絵」をトレース。
2012081815440000.jpg
「下絵」は前もってスケッチブックに描いて有った「試作品」
2012080920230000.jpg
だいたいの感じで水彩絵の具で「彩色」も。
トレースの時点で、先生の意見を聞きながら構成を整えておきました。
まぁ〜ここいら辺で第1日目終了。(。・_・。)ノ



第2日目。(ちなみに1週間後)
水張りしたパネルにいよいよ「色」を載せる段階。

2012081814490000.jpg 2012081814490001.jpg
「膠(にかわ)」と呼ばれる、色を定着させる液体。
「糊粉」と呼ばれる「白色の元(貝殻の粉)」
「水干」と呼ばれる「色」をそれぞれ指で(おおむね中指)混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜぇ〜〜。

2012081815060000.jpg
まずは「地塗り」
背景色の基礎となる色を「はけ塗り」
コツは、2〜3回でさっと塗り終わる!ことらしい。
ちまちまと塗っていると、和紙が浮いたり毛羽だったりするから。

2012081914170000.jpg
次は、にゃんと!
「硯(すずり)」の出番なのだ。
(๑°口°๑) ・・・硯で墨をするなんて、何十年ぶりやろ?
子どもの時すでに「墨汁」とやらが販売されて、習字の時間ですら「墨をする」事なんて無かった。
ちなみに、墨は購入したが、硯は先生からの借り物。
探せば、田舎のどこかには転がっているかもしれんが・・・。(´ー`)┌フッ

2012081915270000.jpg
前回「トレース」したものを、写してそのラインを墨描きをして縁取るのが、本題の第一歩。
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ 極細の面相筆で・・・手が手がぁ〜〜〜震えるわぃ。
という辺りで、第2日目が終了。
道はまだまだ遠い・・・な。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ponta3rd.blog56.fc2.com/tb.php/699-32500d6e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

ぽんた3号

Author:ぽんた3号
日本一大きな湖「びわ湖」を眼下に、老にゃんこ「チビノスケ」を抱えて、ちょっとリア充な日々を送っております。
平成29年9月26日黒猫「まだニャン」が登場!
ブログ内容はダラダラですが、コメントなどを頂いたら日々の活力になります。

バナー貼ってみました

Firefox 2 無料ダウンロード

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近の記事

カレンダー(月別件数付き)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

歌詞検索ツール

ブログ内検索