FC2ブログ
自他ともに認めるぐうたら人間の、ぐうたらな日々を送るぽんた3号の日常を綴ってゆきます。 この性格故いつまで続くのか既に不安だが、のんびりゆっくり独り言ページを増やしてゆくつもりです。
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・。
2017年04月21日 (金) | 編集 |
新しいMacがやってきてどれくらい経ったんだろう。
やっと顔文字もソコソコに登録できて、ほぼほぼネット環境も移行できたはずだったのに。
エクセルの代替えになるはずのナンバーズはイマイチの感じで、結局年度末の決算報告書作成では、「P」や「enter」の打てない以前の古Mac起動。
新年度が始まって、会議のお知らせはこれまた古Macを起動して、以前のワード書類を雛形に書き直し。
ε- (´ー`*) フッ 
ぽんたの周りには、ただいま3台のMacが取り囲んでおります。ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

困ったことに一番大事なメールアカウントが、未だに移行できていなくて毎日のように古Macで確認するという日々を送っております。
アカウントを新Macに設定しようと試みたら、パスワードが跳ねられてしまった。(@'ω'@)ん?
パスワード入力画面って、パソコンが覚えてくれているもんね。
いちいち入力なんてしないから、なんとなく覚えているようで忘れてしまっている。
でも、そんなこともあろうかとパソコン内にメモ書きで書き置きしていたんだけど・・・それが跳ねられてしまった。∑(。・Д・。)
きっと、なんぞの時に自分でパスワード切り替えてたんだろうなぁ〜〜〜。( ̄◇ ̄;)
思いつく限りのパスワード入れてみたけど、多分サーバーから割り振りされた自分では思いつかないような文字列なんだろうなぁ〜〜。・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
覚えてないけど。(ᅙωᅙ)
webメールで確認はできるが、「旧バージョンですから、新しいのにしてねん!」的なメッセージが出てくるし。
古Macで確認できるんだから焦ってはいないけどさぁ〜〜。
パスワード忘れちゃったぁ〜〜〜ってな時、登録アドレスに送ってもらえるはず・・・なのだが、そこいらへんがフリーメールと違うところか?
「契約者本人のID」と「本パスワード」が必要とな。∑(´□`;)
契約者相方だしぃ〜〜、本パスワードなんて書類にしか記載されてないしぃ〜〜〜。

と言うことで、相方にIDと本パスワードとやらを記載している書類を見せてと言うたら・・・( ̄ー ̄?).....??アレ?? 書類が見当たらない。
家のリフォームの時に「大事なもの」をどこかに押し込んで「木の実を隠して忘れてしまうリス」のごとく、すっかり忘れて思い出せない。
ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ 二人揃って忘れん坊な奴らです。
結局、契約者本人が直接連絡をとって、封書でIDと本パスワードとやらを再送してもらうと言う最終手段となりました。
もうしばらく、大事なメールは古Macで確認することになります。
GメールやYahoo!メール、AOLメールはすっかり移行できているんだけどねぇ〜〜〜。


コメント
この記事へのコメント
よくあることだね。
う~ん。俺もよくあるな。
前に懲りて、保証書だけ入れるの引き出し作ったんだけど、いま3段一杯になってて、その中から探すのでも結構時間かかる。
引っ越しや、リフォームするとわけわかんなくなるよな。解決して良かったね。
2017/04/21(金) 09:50:36 | URL | 飛騨の変人 #-[ 編集]
コメントありがとぉ〜〜。ヽ( ´ ▽ ` )ノ
再送してもらう書類は一週間ほどかかるそうで。
ま、あと一週間はメール確認は古Macで。
お返事書くことがなければ、キーボード使わないから全然支障ないもんねぇ〜。
むしろ、エクセルやワードの添付書類があると、結局は古Macで開かなあかんから。ε- (´ー`*) フッ
1号2号3号とか名前つけちゃおうかなぁ〜〜〜。(*´罒`*)

>飛騨の変人さん
パスワード忘れちゃうんだよねぇ〜〜〜。
だいたい同じ文字列で4文字か8文字くらいで決めているんだけど、その組み合わせを微妙にずらしていたりすると。
だいたいメールで再送してもらって解決なんだけど、今回はかなりセキュリティー厳しいところなんで郵送のみ。
それも契約者本人の登録住所のみ。
それが一番安心安全なんだけどね。
今度こそ、しっかりパスワード記憶しておかなければ!!!(@`▽´@)/

リフォームまでは箪笥の引き出しにまとめて入れていたんだけど、リフォーム時に箪笥処分するのに入れ替えちゃったんだよねぇ〜〜〜。(。>ω<。)
どこへ行ったんだか・・・。
2017/04/21(金) 10:08:01 | URL | ぽんた3号 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック